クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた

うちのクルマは古い。がとらぼの人が初めて夏に乗ったときにもクーラーが大して効いてなかった記憶がありますが、それから放置期間を含めて8年、一度もエアコンのメンテナンスを行っていませんでした。先日暑い日に乗ったら全然冷たい風が出なくて、でもクルマは温度を下げようとして全力でエアコンを動かすのでゴーゴーと風の音ばかりがうるさい状態でした。そこでエアコンのオイルと冷媒のガスを追加することにしました。
本来であれば真空引きしてオイルも可能な限り入れ替えてということをやるのでしょうが、乗り潰すつもりのクルマなので自分で追加するだけとします。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 1
エアコン用のオイルとガスは車種によって使用できる種類が異なります。ネットでクルマの型番と共に検索すればどの種類を使えば良いかは簡単に知ることができますが、実際にクルマのボンネットを開けてエンジンルーム内のどこかに貼ってあるシールを確認する方が確実ではあります。うちのクルマはボンネットのウラ面にシールが貼ってあり、オイルはND-OIL 8、冷媒ガスはHFC134aと書かれていました。ND-OIL 8というのが判りにくいですが、PAGオイルだとのことです。おおまかには、エンジン車はPAG、ハイブリッドやEV車はPOEオイルということのようです。ガスもおおまかには134a(旧)か1234yh(新)があるということのようです。1990年代までの旧車だとCFC-12(R-12)というのもあるようです。オイルもガスも種類で特徴が異なるので指定されたものを使わなければならないようです。使用する冷媒ガスの充填量も書かれているのでその容量以下で想定される量を用意します。旧車や外車は大量に充填するものが多いようですが、最近の国産車だと多くは必要ないようです。

Amazon商品画像
AIR WATER [ エアーウォーター ] カーエアコン用冷媒 [ 200g ]HFC-134a
参考価格: 1,140 円
販売価格: 1,080 円

(2024年07月07日 の参考価格)

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 2
オイルとガスを充填するためのホース(簡易ゲージ付き)と、ガス(大きい缶)とオイル(小さい缶,少量のガスを含む)
このホースは写真の右下側のカプラをクルマに接続し、左上の「ひねる」ハンドルが付いている側に缶を接続します。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 3
左の大きい缶が冷媒のガス200gで、右側がオイルと少量のガスが入っています。
オイルの缶にはあまり目立つように書かれていませんが、缶のいろいろ書いてある部分にPAGオイルであることとHFC-134aガスが含まれることが書かれています。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 4
オイルとガスの缶は一番上の中央部分がつるんとして密閉されていて、その側面はネジ込みようのネジ山が切ってあります。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 5
充填用のホースの缶を接続する側は中央に先端が尖ったピンが飛び出ています。ここに缶を刺すとその瞬間にガスやオイルが吹き出してしまうのでピンの反対側のハンドルをいっぱいまで緩めてピンを引っ込めます。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 6
完全にピンが引っ込んだことを確認します。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 7
缶の口をねじ込みます。今回は先にオイルを入れてから後でガスを追加する予定なのでオイル缶を取り付けました。まだピンを刺さないようにします。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 8
エンジンルーム内のパイプのどこかに「L」(低圧)と書かれたキャップと「H」(高圧)と書かれたキャップがあるので「L」のキャップを見つけて半時計回りに回して外します。キャップは無くしたり汚したりしないようにします。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 9
キャップを外した状態です。キャップを外してもガスは漏れないようになっています。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 10
充填ホースのクルマ側のカプラは一番外の輪を根元側に5〜10mmほど引き下げることで嵌めることができます。外すときも同様に一番外の輪を引き下げます。
カプラはエンジンを止めた状態で接続します。ゲージは高い値が出ますが、エンジン停止中なので異常ではありません。(しかし、写真ではそれほど高い値ではないのはガスがすっかり抜けているからかしら?)

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 11
エンジンは止めたままで、ネジ込んだ缶を少し緩めるとホースの中の空気がクルマからのガスに押されて「プシュー」と漏れてきます。ホース内の空気が抜ける程度に漏れ出たことを確認したら缶を再び締め込みます。ガッチガチに締める必要はありません。
エンジンをかけて、エアコンをオンにし、最低温度、風量最大にします。内気循環の方が良いという話もありますが、要はエアコンのコンプレッサーがよく回るようにすれば良いのです。このとき、アクセルとブレーキペダルに角材を挟んで、アイドリングより回転を上げておきます。1000〜2000回転程度。
エンジンがかかった状態で、ガス充填ホースのピンのハンドルを時計回りでいっぱいまで回し、ピンの先端が缶の口に穴を開けます。ピンが缶に穴を開けると感触が判るという人もいますが、「がとらぼ」の人はほとんど判りませんでした。再びピンのハンドルを逆にいっぱいまで回して緩めます。このとき、オイルの缶は逆さにしてオイルがホースに流れ出やすくします。(次のガス缶は逆さにはしません)
オイルとガスが噴出すると缶の温度が下ります。また、ゲージの針も低い値を指す筈です。
缶が空になると冷たくなっていた缶が再び元の温度に戻ってきます。缶をかるく振って液体が無くなっているようであればオイルの充填は完了です。
エンジンを停止します。カプラを外し、クルマ側のキャップを嵌めます。充填ホースに取り付けていた缶を外します。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 12
充填用ホースのピンが完全に引っ込んだ状態で冷媒ガスの缶を充填用ホースに取り付けます。(オイルと同じ要領です。)
エンジン内の低圧バルブのキャップを外し、充填ホースのカプラを接続します。ゲージが高い値を示すことを確認し、缶のねじ込みを少し緩めてホース内の空気を抜きます。(エアパージ)
冷媒ガスの缶は上向きにしてエンジンルーム内で安定する位置に置きます。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 13
エンジンをかけて、エアコンをオンにします。最低温度、風量最大、内気循環、アクセル1000〜2000回転程度。
充填ホースのピンのハンドルをいっぱいまで締め込み、缶に穴を開けます。そして逆にいっぱいまで緩めてガスが出るようにします。このとき、冷媒ガスの缶は縦に振ったり逆さにはしないようにします。ガスが液体の状態で流出しないようにするためですが、神経質になる必要はないかもしれません。

クルマの原状回復 涼しい風が出ないのでエアコンオイルとガスを補充してみた 14
液体だった冷媒がガスになって缶から出ることによって缶が非常に冷たくなります。缶より一回り以上大きな何かの容器に50℃程度のやや温かいお湯を用意し、冷媒ガスの缶の下半分が浸かるようにします。これで、何もしないよりはガスの充填が速くなります。缶が冷たくなく缶を軽くゆさぶり液体が残っていないようであれば充填完了です。エンジンに触れないよう注意して低圧パイプを触ってみて冷たくなっていることを確認します。クルマに接続したカプラを外し、忘れずにキャップを取り付けます。
終わりです。
もしも、ガス缶に液体の状態で残っている場合は、冷媒ガスを空気中に放出するのは違法なのでクルマ屋さんやガスステーションに持って行って処理してもらいます。充填ホースのピンをいっぱいまで押し込んだ状態で塞いでおきますが、徐々に漏れるかもなので早めに処理してもらってください。

今回は、クルマの低圧パイプ側だけに接続する簡易充填ホースにおまけのゲージが付いたものを使用しましたが、低圧ゲージだけを見ても入れすぎがわかりません。本来はマニホールドゲージという3本のホースと2つのゲージが付いた器具を使用して高圧のケージでも充填状態を見るのが正しい方法のようです。今回はガスが殆ど抜けているという「根拠のない予想」で200gのガス1缶とオイル缶の少しのガスを入れましたが、これはうちのクルマでは充填できるガス量の半分以上なので予想よりガスが抜けていなければ入れすぎです。入れ過ぎはコンプレッサーだけでなくコンデンサ、レシーバタンク、エキスパンションバルブ、エバポレータ、配管のつなぎ目などの負荷を高くして(時間をかけて)壊すことになる可能性があります。

結果

かなり冷えるようになりました。エアコンの吹き出し口から出るのが「温かい風」から「明らかな冷風」になりました。また、車内が冷えてくると適度にコンプレッサが停止する時間が発生するようになりました。(正常)。 ただし、冷たすぎて手が痛いというほどではありません。もう少しガスを多く足しても良かったのかもしれませんが、これ以上は入れすぎが判らないため今回はこれで終わりとします。

記事へのコメント

いただいたコメントは管理人が確認した後に記事の 下部(ここ)に公開されます。
コメントスパム対策: 2022年4月以降、コメント内にリンクURLを含めると自動破棄されます。(記録されません)