スマートフォンの背面パネルの交換

スマートフォンの背面パネルの交換

前回、スマートフォンのバッテリーを交換するために背面パネルを剥がしたところ、劣化していたと思われる背面パネルの塗料がペロンと中途半端に剥がれてしまいました。この背面パネルの塗料がすべてキレイに剥がれてくれればトランスペアレント背面パネルとして利用できたのですが、何故か剥がれなかった部分は擦っても引っ掻いても全く剥がれる気配がないという困りものでした。この塗料が中途半端に剥がれた背面パネルを使い続けるのはあまりにみっともないので新しい背面パネルを購入しました。XiaomiのRedmi Note 9Sは、グローバル販売されたモデルですが、何故かその姉妹モデルというか上位バリアントでインドなど一部の国/地域で販売されたRedmi Note 9 Pro用の背面パネルが多く出回っています。というか、Redmi Note 9Sの背面パネルは探しても見当たりません。多く見かけるRedmi Note 9 Pro用もXiaomiの純正品ではなく互換品ですが。
Redmi Note 9 Pro用のパネルはRedmi Note 9Sとはカラーバリアントが異なるのとパネルに書かれた文字が異なりますが、サイズやカメラアイランドの穴の位置などはまったく同じなので流用することができます。実際のところ、AliExpressなどでRedmi Note 9S用と書かれた背面パネルも実際にはRedmi Note 9 Pro用の互換パネルのようです。「48M」記載のパネルは僅かにありますが、カラーバリアントはNote 9Sではないので・・

スマートフォンの背面パネルの交換 1
注文から1週間かからずに届きました。ガラス製の背面保護カバーを購入したときと同様に発泡スチロールのケースに入って届きました。これまで購入した中で、この手の発泡スチロールケースで届いたガラスカバーなどが割れていたことはありません。また、バッテリー交換セットと同じ背面パネルを開けるツールセットが付属していました。このツールの付属は製品紹介ページには書かれていませんでした。まぁ役に立たないセットなので今回は使いませんでした。

スマートフォンの背面パネルの交換 2
発泡スチロールの箱の中は、電話機の背面カバーが2枚のプチプチに挟まれて入っていました。

スマートフォンの背面パネルの交換 3
写真ではわかりにくいですが、購入した背面パネルは純正品とは異なり高級感が低めです。このパネルだと電話機を裸で持ち歩かずに透明なTPU背面カバーを嵌めて使う方が良さそうです。背面パネルの下部寄り(写真では右上)のRedmiロゴ部分は黒丸の保護シールが貼られているので剥がします。

スマートフォンの背面パネルの交換 4
左が中途半端に塗料が剥がれたRedmi Note 9Sの純正ホワイトで、右が今回購入したRedmi Note 9 Proのホワイトです。どちらもホワイトですが、並べるとNote 9Sの方が明らかに青みが強いのが判ります。Note 9 Proのホワイトは本当のホワイトです。
また、背面パネル下部のRedmiロゴの位置とそのロゴの下にいろいろ書かれている点が異なります。

スマートフォンの背面パネルの交換 5
Redmi Note 9Sの背面メインカメラは4800万画素なのでカメラアイランド下の黒い部分に48MPと書かれていましたが、今回購入したのは6400万画素カメラ搭載のRedmi Note 9 Pro用パネルなので64MPと書かれています。

スマートフォンの背面パネルの交換 6
購入した背面パネルの裏側(内側)には青いシートが貼ってあります。そしてそのシートの1部がU字にくり抜かれています。このU字の内側がタブになっていて、そこから逆「の」の字に引っ張るとシートを綺麗に、パネル外周に付いている粘着テープを傷めず剥がすことができます。この外周の粘着テープについては製品ページの説明には全く書かれていなかったので最初は少し驚きました。というか、所有しているパネル用接着剤の出番がありません。

スマートフォンの背面パネルの交換 7
青シートを剥がす途中に油断すると剥がしたシートが再び外周の粘着テープに張り付いてしまいます。粘着テープを傷めることになるので内張り剥がしのヘラを差し込むなどしてシートが粘着テープに張り付かないようにすると良さそうです。

スマートフォンの背面パネルの交換 8
右が背面パネルの内側です。赤矢印で示した外周の黒味が強い部分が粘着テープです。純正の背面パネルはカメラアイランドの穴の周囲も粘着テープでひっつけられていて防水性能が高められていましたが、この互換パネルはカメラアイランド周囲には粘着テープが付いていません。水滴が入り込まないよう気を付ける必要があります。パネル接着剤を持っているならカメラアイランド穴の周囲1周に付けるのもアリだと思います。ただし、再びバッテリー交換をする予定ならあまり接着しまくらない方がその交換時の背面パネル剥がしがラクになる筈です。

スマートフォンの背面パネルの交換 9
背面パネルを正しい位置に置きます。カメラアイランドの穴に合わせるのが確実です。背面パネルが浮いた状態になる筈なので、パネルの四隅など押さえていくと、パチッパチッとカバーをはめ込むことができます。その結果、粘着テープが電話機の外周に張り付いて防水性能が上がります。(防水性能が上がると書きましたが、この電話機は防水モデルではありませんので念の為)
背面パネルを押さえて電話機本体背面に貼り付けるのではなく、背面パネルを電話機の外周(ぐるり1周)にはめ込むというのが正しいです。
全周で背面パネルが嵌まれば背面パネルを押し続ける必要はありません。

結果

背面パネルのガラス感が無く高級感は低めですが、ちょっと陶器っぽく見えるようになりました。電話機に背面パネルが張り付いた状態で見ると違和感はありません。青みのホワイトも綺麗でしたがホワイトofホワイトな白も良いものだと思いました。
「がとらぼ」の人のRedmi Note 9Sは、バッテリー交換時に背面パネルの塗料がペロリンチョと剥がれ落ちましたが、ここまで塗面が傷む前にバッテリー交換した場合にもパネル剥がし時に背面パネル外周部の塗料が粉のように削り取れるということが多く発生していると聞きます。メーカーにバッテリー交換を依頼せずに自分でやったら大なり小なり塗装が傷んでいる筈です。外周の塗装が傷んで気になっている方は背面パネルを交換するというのはありかもしれません。

クルマの近代化改修 GPS速度計単機能のヘッドアップディスプレイ

クルマの近代化改修 GPS速度計単機能のヘッドアップディスプレイ

前回、スマートフォンをヘッドアップディスプレイ(HUD)にしようとしましたが、スマホ画面の輝度では昼間にまったく使い物にならないことが判りました。また、眼の悪いおっさんには、運転中の運転手のアタマの位置から1m以上離れたダッシュボード上のスマホ画面の表示内容がほぼ読み取れないことも判りました。これは、Android Autoの画面をリフレクタ,コンバイナに投影するタイプのHUDを購入したとしてもおそらく読み取れないことを意味します。つまり、速度など少ない情報を大きく表示する単純なHUDが良さそうです。

HUDの速度計には内蔵GPSで速度を得るものとクルマのOBDコネクタに接続して車速を得る2種類があるようですが、OBDコネクタはAndroidナビで使用しているので今回はGPS速度計を選択しました。

GPS速度計でもOBD速度計でももっとも安い製品は1柴三郎でおつりが来る程度の価格なので気軽に購入することができます。
時速をキロメートルで表示するバリアントとマイルで表示するバリアントがあるので購入時は間違えないようにします。少し高めの製品にはキロメートルとマイルを切り替えて表示する機能があるようです。

クルマの近代化改修 GPS速度計単機能のヘッドアップディスプレイ 1
注文から1週間経たずに混載便に複数の品が入って届きました。今回の速度計はビニール袋に小さな軽い箱が入ってました。中の箱は角が少しだけ潰れていますが、特に大きく凹んではいません。

クルマの近代化改修 GPS速度計単機能のヘッドアップディスプレイ 2
箱の中には速度計本体がプチプチで養生されて入っていました。

クルマの近代化改修 GPS速度計単機能のヘッドアップディスプレイ 3
GPS速度計の中身一式です。左下が速度計本体、右下からハーフミラー、右上が取説、中央上が両面テープ?、左上がmicroUSBケーブルです。これはGPS速度計なのでUSBから給電するようになっています。クルマのUSB端子かアクセサリソケット(シガーソケット)に挿すUSBアダプタに接続して給電しますが、USBアダプタ等は付属しません。

クルマの近代化改修 GPS速度計単機能のヘッドアップディスプレイ 4
GPS速度計本体です。この製品はmicro USBのポートだけが存在し、他に接続するポートや操作するボタンはありません。購入したのは時速をキロメートルで表示するバリアントなので●KMHというシールが貼ってあります。

クルマの近代化改修 GPS速度計単機能のヘッドアップディスプレイ 5
取説は複数言語で書かれていて、日本語も3ページあります。ただし、書かれていることの半分は購入した製品には当てはまらない内容でした。

クルマの近代化改修 GPS速度計単機能のヘッドアップディスプレイ 6
速度計に付属のハーフミラーシート(フロントガラス貼付用)は5月に購入したものとほぼ同じもののようです。サイズも同じようですが、角のRが異なるようです。5月に購入したシートは既にホコリが乗って汚れています。GPS速度計に付属のシートは袋に入ったままです。このハーフミラーシートは使用する予定がありません。日本ではこのハーフミラーシートをフロントガラスに貼り付けて公道を走行すると前方視界を遮るものとして保安基準的にNGだと思われます。

クルマの近代化改修 GPS速度計単機能のヘッドアップディスプレイ 7
GPS速度計本体を運転席前のダッシュボードのガラス際に置きました。USBケーブルは前方に向けて生えるのでフロントガラスとダッシュボードの境に押し込んで隠します。助手席側のAピラー横からグローブボックス裏に引き込みUSBコネクタに挿し込みました。(ドラレコ等用に複数シガーソケットとUSBソケットを増設済)うちのクルマは小型車ですが、GPS速度計に付属のUSBケーブルの長さはぎりぎりでした。幅のあるクルマだとわずかに長さが足りないかもしれません。
写真ではイグニッション・オンの状態でGPS速度計に給電されていますが、屋根のある車庫内でGPS電波が届かないため電波受信待ちの「--」が表示されています。

電波を受信すると0が表示されて速度表示が始まりますが、測位開始まで最長で1分ほどかかることがあるようです。実際には30秒以内程度が多いようですが、それでもせっかちな人だと測位開始前に走行を開始するかもしれません。その後の更新は1秒以内毎に行われるため速度表示の遅延はGPS速度計としては大きくありません。

クルマの近代化改修 GPS速度計単機能のヘッドアップディスプレイ 8
停車中にサクッと撮影しました。(道交法的には問題ないハズ)
明るい昼間ですが、速度がしっかり見えています。停車中なので「0」が表示されています。

結果

期待以上に使えます。速度を見るための視線移動が大幅に少なくなり、前方を見ながら速度が判ります。ただし、普通のフロントガラスに直接投影なのでガラス表面の反射により多重に見えてピンボケ感があります。また、GPS速度計から運転手の眼までの間に凹面鏡や複数の鏡があるわけではないので焦点距離がほぼ1mとなります。前方の遠景とガラスに映った速度を見比べるためには焦点の合わせ直しが必要なります。眼が衰えたおっさんには少しツラいです。

少なくとも40km/h以上では表示速度が実際より3km/hぴったり速く表示されます。これは誤差ではなくワザとそうしているように見受けられます。この3km/hの違いによりクルマの速度計に近い速度になります。他の複数のGPS速度計(デジタルミラー,Androidナビ,スマホなど)が(定速時に)揃って同じ速度を示すのに対して今回購入したGPS速度計だけがぴったり3km/h速く表示するので気になりました。なお、60km/hより速いときにはどのような速度表示誤差が出るのかは確認できていません。
個人的にはクルマの速度計の表示速度に近づけるよりも正しい速度を表示してほしいところです。今回は1柴三郎以下の廉価品なので速度表示の調整ができませんが、2柴三郎以上の速度計では表示誤差を調整できる品が複数あるようです。

Up