怪しい中華13.1インチAndroidナビは本当にAndroid 13なのか

怪しい中華13.1インチAndroidナビは本当にAndroid 13なのか

(2023年秋時点で)中華のノーブランドのAndroidナビでAndroid 13を搭載したモデルは存在しない筈ですが、購入した中華ナビK4811はAndroid 13であることが謳われていました。もちろん、嘘の筈です。
本当のAndroidバージョンは何でしょう。
確かめてみました。

怪しい中華13.1インチAndroidナビは本当にAndroid 13なのか 1
中華ナビのAndroid設定でAndroidバージョンを表示してみました。
ここでは一応Android 13であると表示されています。ただし、ここのバージョン表示は子供でも簡単に偽装できてしまう部分です。

怪しい中華13.1インチAndroidナビは本当にAndroid 13なのか 2
Google Playから定番の「Fake Device Test」をインストールしてみました。
OSのバージョンチェックの項目で見事に嘘が指摘されました。
APIレベルが29でAndroid 13は酷い誤魔化しです。

  • Android 14.0: API Level 34
  • Android 13.0: API Level 33
  • Android 12.0: API Level 31 (32はAndroid 12L)
  • Android 11.0: API Level 30
  • Android 10.0: API Level 29
  • Android 9.0: API Level 28
  • Android 8.1: API Level 27
  • Android 8.0: API Level 26

怪しい中華13.1インチAndroidナビは本当にAndroid 13なのか 3
こちらも定番のDevice Info HWです。
やはりAndroid 10であるという表示です。このアプリではその根拠が表示されませんが、Fake Device Testと同様にAPI Levelを見て判断していると思われます。

購入前からノーブランド中華ナビにAndroid 13は無いと常識として判っていたことですが、本当にAndroid 13ではありませんでした。しかもAndroid 12でも11でもなく10でした。Android 12もまだ存在しないようなのでAndroid 10か、もしかしてもしかするとAndroid 11かなと思ってましたが。
まぁ、Android 10であれば実用上問題ないのですが、こういうインチキが気分悪いんですよね。他の部分で特に不満がないので余計なことしないで欲しいです。

関連記事:

大人の正月休み宿題工作 中華13.1インチAndroidナビの背面カバー作成

大人の正月休み宿題工作 中華13.1インチAndroidナビの背面カバー作成

購入した中華ナビはディスプレイが巨大なのでインパネの2 DINサイズの穴から飛び出ています。そして、インパネのカバーの角度とナビのディスプレイの角度が異なるので上部の浮き上がりが目立ち、一部ナビ裏が見えています。かなりの手抜きに見えるので簡単な工作で目立たないようにしたいと思います。
今回の工作は2023年末にナビを設置してすぐに行ったのですが、程度が高くないのでブログは後回しにしました。

大人の正月休み宿題工作 中華13.1インチAndroidナビの背面カバー作成 1
ナビの側面と上部はインパネから飛び出ていて金具やコネクタ類が見えているのでみっともないといえます。実際は、車外からはピラーに隠れてこの角度では見えないので写真ほどは目立ちません。

大人の正月休み宿題工作 中華13.1インチAndroidナビの背面カバー作成 2
そして、最も問題なのはエアコンのセンターの吹き出し口からの風がナビ裏に当たることです。夏場は冷風による結露も心配ですが、冬場の温風も当たって欲しくありません。
今回購入したナビは金具の力で挟み込まれているだけでガッチリ固定されてはいないので大きな振動で微妙に動く可能性があります。ナビの画面がインパネに当たったり擦れたりでインパネが傷付いたりカタカタ鳴るのは避けたいのでディスプレイ裏側の下辺近くにドアの隙間用のスポンジ(高密度タイプ)を貼り付けました。

大人の正月休み宿題工作 中華13.1インチAndroidナビの背面カバー作成 3
ナビ側面の取り付け金具横の隙間に紙を挟み、型を取ります。下部は一部が2 DINの穴の中に入り込むので大きめのテキトーで構いません。2 DINの穴とエアコンの吹き出し口の間の部分だけはディスプレイ裏との正確な距離を測っておいた方が良さそうです。画像では型紙上部が曲面に切り取られていますが、プラ板を曲げて貼る予定だったからです。実際には平らな板を貼り付けることにしたので曲面は取りやめました。

大人の正月休み宿題工作 中華13.1インチAndroidナビの背面カバー作成 4
ダイソーの黒っぽいカラーボードを購入しました。約5mmの厚みのあるスポンジ板です。(厚みがあるので蓋にする部分を曲面にするのが難しいので平面にすることにしました。)

大人の正月休み宿題工作 中華13.1インチAndroidナビの背面カバー作成 5
カッターナイフと物差しで型紙どおりに切り出します。ダイソーのカラーボードのスポンジはあまり良い素材ではないようでボロボロと崩れやすいです。

大人の正月休み宿題工作 中華13.1インチAndroidナビの背面カバー作成 6
画像では、カメラのフラッシュがカラーボードに当たって黄色っぽく光っているように見えますが、実際は黒っぽい板に見えます。
側面の板は向きが変わりやすいためナビの取り付け金具と両面テープで張り合わせました。側面の板と蓋も両面テープで貼り付けました。取り付け金具は凸凹しているので2mm厚のブニッとしたアクリルゲルタイプの強粘着両面テープを使いました。側面の板と蓋を貼り付けたところ、薄い粘着力の弱い両面テープは力がかかっているわけではないのに数時間で剥がれてしまいました。側面の板と金具を張り合わせるのに使用した厚手の強粘着タイプの両面テープを使用したところ、数日経ってもしっかりひっついています。ただし、夏場に直射日光が当たったときにこの両面テープが溶けないか心配です。
上側の蓋の板はディスプレイの上辺近くまで覆うようにしてエアコンの風がナビ裏に直接当たらないようにしています。

大人の正月休み宿題工作 中華13.1インチAndroidナビの背面カバー作成 7
フロントガラス越しに外から見たナビ裏です。この画像のように覗き込むことは殆どないでしょうからこれで十分です。夏場の日光に備えてアルミの銀色のシートを使用しようかとも思いましたがそれだと目立つので、とりあえず黒のスポンジ状の板で成功でした。ただし、夏の炎天下でこの黒のスポンジ板がグニャグニャにならないか心配です。

以上、小学1年生でもできそうな超簡単な工作でした。

関連記事:
Up