300円以下の激安アルミ製スマホスタンド

300円以下の激安アルミ製スマホスタンド

スマートフォンをデスクに置くときは天板に直置きではなくスマホスタンドを使うことにしています。これまではだいぶ前に紹介した100円ショップの樹脂製スマホスタンドを使用していたのですが、最近はUSBケーブルが以前のものより太くて硬くなったType-Cなのでスマートフォン下部にUSBケーブルを接続するとスタンド前面が少し持ち上がり不安定になるのとスタンドベース裏の滑り止めが弱いので机の天板上を動きやすいのが気に入らなくなっていました。そこで安いメタルまたはアルミのスマートフォンスタンドを購入することにしました。とはいえ、「がとらぼ」の人はケチなので高級品などは買うはずもありません。今回もAliExpressでできるだけ安いものを探しました。購入時は286円送料無料でした。

価格は変動します。非セール時や購入条件によっては送料がかかります。

300円以下の激安アルミ製スマホスタンド 1
3月の「7日到着セール」に注文したので本当に注文から7日程度で届いた。予想以上に小さくて軽い箱。です

300円以下の激安アルミ製スマホスタンド 2
このような箱に入っていました。パッケージの写真がリアルではなく3Dレンダリングというところが心配になります。

300円以下の激安アルミ製スマホスタンド 3
中身は折りたたまれた状態でコンパクトになっているスタンド。3Dレンダリングの画像と比べるとアルミ板が薄いです。(これは予想どおり)
重量は78gでした。

300円以下の激安アルミ製スマホスタンド 4
スタンドのベース裏面は四隅に滑り止めの丸いシートが貼ってある。この滑り止めはよく効きます。

300円以下の激安アルミ製スマホスタンド 5
このスタンドは2箇所に関節があり、動きは重いものの意図通りの角度で固定できます。画像ではスタンドベース側の関節の角度だけを変えています。緩くないので重めのスマートフォンを載せても角度は変わらなさそうです。

300円以下の激安アルミ製スマホスタンド 6
スマートフォンを載せる部分の裏側の関節も角度を変えて通常使用状態にしました。スマートフォンを載せる部分はメタルで出来ていますが、スマートフォン下部に当たる部分とスマートフォン背面の当たる一番上の部分には滑り止めシートが貼り付けられているので簡単にはスマートフォンが滑り落ちないようになっています。また、この滑り止めのおかげでメタルスタンドが直接スマートフォンに触れにくくなっているので仮に擦れたとしてもスマートフォンボディに傷が付きにくい筈です。

300円以下の激安アルミ製スマホスタンド 7
スマートフォンを載せてみました。スタンドの幅は最近のスマートフォンよりは少し短めですが電話機の横にはみ出て見えないのでちょうど良い感じです。電話機下部を支える部分は普通のスマートフォンには必要十分ですが、厚めのラギッドフォンだとやや足りないかもしれません。それでもラギッドフォンがスタンドから落ちてしまう程ではなさそうです。

300円以下の激安アルミ製スマホスタンド 8
スタンドの電話機ホルダーを持ち上げるアームはやや細くはありますが、樹脂ではなくメタル(アルミ?)なので強度は十分で、電話機を載せてもしっかりしています。スタンドの背面(背もたれ)は最近のスマートフォンのカメラアイランドまでは届かないのでレンズと安定性に影響しません。

安モノでも成功なお買い物でした。なお、夏の糞暑い時期・冬の糞寒い時期にスタンドの関節が勝手に動いたり関節の滑り止めが劣化したりスカスカしないかはまだ全くわかりません。

クルマの原状回復 エアフローセンサーの清掃で加速時の変なパワーダウンをなくす

クルマの原状回復 エアフローセンサーの清掃で加速時の変なパワーダウンをなくす

うちのクルマはとても古い。もともと停止からの加速は良くない車種だとは聞いていたが、昨秋くらいからエンジンが温まった状態で停止から加速しようとアクセルを踏むとブホホホとエンジンが停まりそうなほどパワーダウンすることがときどき。息継ぎってやつ?交差点で右折を開始したところでエンストしそうになるとヒヤリとする。何故かエンジンが冷えてるときにはならない。あと、アイドリングが通常はメーター読みで500から600回転のところ、400回転程度まで落ちるときがあり、停まりそうな変な振動と雰囲気になる。これはアクセルを軽く踏めば解消しますが。

アクセル踏んだときの息継ぎやアイドリング回転数の不安定や異常は幾つかの原因で発生するようですが、プラグは1年半前に全部交換した、コイルは交換してないけど何か違いそう、スロットルの汚れなどは可能性はあるけどバラすの面倒そう、エアフィルターは交換してまだ3,000kmも走ってない、O2センサーや燃料ポンプだと素人には無理そう、車載コンピューターだとクルマごと買い替え?
自分で対処できなくて金がかかりそうなのは困るけど、自分で安くできて可能性も高いのはエアフローセンサーの汚れの洗浄。洗浄だけなら1000円でできる。エアフロセンサーの交換となると社外品で3,4千円、純正で1万5千円ほど?で高くなるようですが、それでも他の可能性の対処と比べると安そうです。これが原因でないにしろ汚れてるなら洗浄した方が良いでしょうし。

クルマの原状回復 エアフローセンサーの清掃で加速時の変なパワーダウンをなくす 1
エンジンルームを見るとエアフィルターのボックスの横によく見える位置にエアフローセンサーがあります。これはメーカーに自分で清掃しろと言われているように感じます。なお、車種によっては奥だとか見えにくい位置に配置されていることもあるようです。

クルマの原状回復 エアフローセンサーの清掃で加速時の変なパワーダウンをなくす 2
コネクタ(カプラ)は爪で固定されていますが指で挟めば爪が外れて抜き取れます。あとはプラスねじ2箇所を外すだけです。ネジは固くなかったので苦労することにはなりませんでした。

クルマの原状回復 エアフローセンサーの清掃で加速時の変なパワーダウンをなくす 3
エアフロセンサーを抜き取ったところ。黄砂がすごい時期なので砂まみれでスミマセン。

クルマの原状回復 エアフローセンサーの清掃で加速時の変なパワーダウンをなくす 4
エアフローセンサーは吸気パイプ内に突き出すように筒が伸びていました。右の赤い矢印の先は温度センサーのようです。左の矢印は筒の中を指していて、ここに流量を測定するセンサーがあるようです。

クルマの原状回復 エアフローセンサーの清掃で加速時の変なパワーダウンをなくす 5
洗浄するなら安いパーツクリーナーを使いたいところですが、繊細なセンサー部品らしくマイルドな専用の洗浄剤を使う必要があるようです。その名も「エアフロクリーン」(呉工業)。専用品ですが特殊な品ではないようで2,3軒まわったカー用品店の全てに普通に置いてました。1本1,000円程度です。細いノズルがついたスプレーで透明な液体が出るので同じ会社の5-56みたい。

クルマの原状回復 エアフローセンサーの清掃で加速時の変なパワーダウンをなくす 6
サイドの温度センサー(っぽい)には15cmほど離して吹きかけました。筒の中も10cm以上離してたっぷり吹きかけ少し(1,2分)待ってからひっくり返して液体を排出し再度吹きかけて少し待つという工程で行いました。黒い樹脂の部分はエアフロクリーナーで濡れたところを拭き取って清掃しておきました。
熱くなったエンジンからエアフロセンサーを抜き出してすぐにエアフロクリーナーを吹きかけてはいけないようです。今回はエンジンが冷え切ったところでエアフロセンサーを抜き取って洗浄しています。

クルマの原状回復 エアフローセンサーの清掃で加速時の変なパワーダウンをなくす 7
筒の奥の方に巻き始めのバームクーヘンのようなのが2本見えていますが、どちらかが発熱のための抵抗(ホットワイヤ)でもう片方が温度センサーのようです。2本対で流量を測る仕組みのようです。(筒の外のも温度計のようなので温度計2つですね)

エアフロクリーンの液体は水よりは遥かに早く乾くようですが、一応20分ほど乾かしてからセンサー取り外し時と逆の手順でエンジンに戻しました。

エンジンの不調はこのエアフロセンサーの汚れが原因だったようです。洗浄後数回乗ったところ、これまでのようなアクセルを踏んだときの息継ぎやエンジンが停まりそうなほどの低回転アイドリングは発生しなくなりました。これでしばらくは安心して乗れそうです。作業はとても簡単で、僅か1000円で直ったのがとても嬉しいです。

Up