怪しい中華13.1インチAndroidナビは本当にAndroid 13なのか

怪しい中華13.1インチAndroidナビは本当にAndroid 13なのか

(2023年秋時点で)中華のノーブランドのAndroidナビでAndroid 13を搭載したモデルは存在しない筈ですが、購入した中華ナビK4811はAndroid 13であることが謳われていました。もちろん、嘘の筈です。
本当のAndroidバージョンは何でしょう。
確かめてみました。

怪しい中華13.1インチAndroidナビは本当にAndroid 13なのか 1
中華ナビのAndroid設定でAndroidバージョンを表示してみました。
ここでは一応Android 13であると表示されています。ただし、ここのバージョン表示は子供でも簡単に偽装できてしまう部分です。

怪しい中華13.1インチAndroidナビは本当にAndroid 13なのか 2
Google Playから定番の「Fake Device Test」をインストールしてみました。
OSのバージョンチェックの項目で見事に嘘が指摘されました。
APIレベルが29でAndroid 13は酷い誤魔化しです。

  • Android 14.0: API Level 34
  • Android 13.0: API Level 33
  • Android 12.0: API Level 31 (32はAndroid 12L)
  • Android 11.0: API Level 30
  • Android 10.0: API Level 29
  • Android 9.0: API Level 28
  • Android 8.1: API Level 27
  • Android 8.0: API Level 26

怪しい中華13.1インチAndroidナビは本当にAndroid 13なのか 3
こちらも定番のDevice Info HWです。
やはりAndroid 10であるという表示です。このアプリではその根拠が表示されませんが、Fake Device Testと同様にAPI Levelを見て判断していると思われます。

購入前からノーブランド中華ナビにAndroid 13は無いと常識として判っていたことですが、本当にAndroid 13ではありませんでした。しかもAndroid 12でも11でもなく10でした。Android 12もまだ存在しないようなのでAndroid 10か、もしかしてもしかするとAndroid 11かなと思ってましたが。
まぁ、Android 10であれば実用上問題ないのですが、こういうインチキが気分悪いんですよね。他の部分で特に不満がないので余計なことしないで欲しいです。

関連記事:

記事へのコメント

いただいたコメントは管理人が確認した後に記事の 下部(ここ)に公開されます。
コメントスパム対策: 2022年4月以降、コメント内にリンクURLを含めると自動破棄されます。(記録されません)